シルデナフィルというバイアグラ成分の詳細について

黄色い錠剤が映った画像

バイアグラの成分について

世界で初めて登場したED治療のための医薬品・バイアグラには、有効成分としてシルデナフィルが配合されています。シルデナフィルは、医薬品としてはPDE5型酵素阻害薬のジャンルにあたる薬です。バイアグラの有効成分について知るためには、男性の勃起の仕組みを知っておくことがポイントです。

男性が性的に興奮したり刺激を受けると、体内で一酸化窒素の放出が見られます。一酸化窒素が放出されるとそれが誘因となって血管拡張物質が大量に生成されます。その結果、陰茎の海綿体内の動脈血管が拡張して高圧となります。そしてそこに大量の血液が流れ込んで勃起が起きる仕組みです。

一方勃起現象が終わる時には、体内酵素の一種であるPDE5型酵素が関わってきます。PDE5型酵素は、勃起が起きる時に生成された血管拡張物質を壊す作用のある酵素です。PDE5型酵素が働くと血管拡張物質が減るので陰茎の血管が弛緩して血流も低下、勃起が終わります。バイアグラを使用すると、有効成分のシルデナフィルがPDE5型酵素が作用するのを阻害します。その結果として、血管拡張物質の破壊が阻まれて陰茎の動脈血管の拡張と血流が持続、勃起が継続します。

ここで、シルデナフィルは媚薬や性力剤の類とは元から異なる医薬品です。男性の勃起現象が起きて終息するまでのメカニズムに沿って作用するので、服用したからといって性行為と無関係に薬の効果が続いている間中ずっと勃起が続くわけではなく、性行為をするにあたって必要な勃起の持続をサポートするものです。このように、バイアグラの有効成分には、性器内の血管の拡張とそこに流入する血流量を維持するという効果・効能があります。

そのため、血管の拡張に伴う軽い頭痛や顔面の紅潮やほてり・熱感、動悸、目の充血といった副作用の症状が使用する方に高い割合で発現します。これらはバイアグラの軽微な副作用症状で、ED治療を専門に行っているクリニックで検査や問診を受けて既往歴や現在治療中の病気について、

また使用している薬の内容について正確に申告をした上で医師の指導を受けてそれを守った上での使用であれば心配のいらないものです。PDE5型酵素阻害薬のシルデナフィルは、血管の拡張の持続と血流り増加を促して勃起を維持する医薬品です。そのため、使用することによって血圧の低下が起こり得ます。よって高血圧の治療で降圧剤の処方を受けている方や、その他の循環器系の疾患の治療のために血管拡張効果のある医薬品を使用中の方が服用すると危険な範囲での血圧の急降下が起こり得ますので、併用は厳禁とされています。