ピルカッターでバイアグラをカットすると経済的なのか?

バイアグラのような錠剤をピルカッターで挟んでいる画像

バイアグラとピルカッター

一時期と比べてバイアグラは安くなりましたが、まだまだ高額であることに変わりはありません。少しでも安く購入するには、安く処方してくれるクリニックを探すのがコツです。医師の処方薬のバイアグラは、健康保険の適用外という理由から非常に高額です。10割の自己負担となり、治療は自費診療となるためクリニック側が料金設定を自由に行えます。一般的な相場を見ると1錠1,500円くらいですが、安いところでは1,000円くらいに設定していますし、高いところでは2,000円を超えています。同じ薬にもかかわらず、価格に2倍以上の開きが生じてしまうのです。ED治療は複雑という印象があるかもしれませんが、実際は薬物療法と生活改善によって治療をしていきます。

つまりはセルフケアによる治療法が中心となるので、いかにED治療薬を安く処方してくれるクリニックを探すかがポイントになるのです。バイアグラを経済的に利用する方法には、ピルカッターを使用する方法もあります。錠剤カッターとも言われており、分割して用量を調整するのが目的なのです。日本で処方されるバイアグラは50mgが最大用量となっており、海外で見られる100mgは存在しません。50mg以外では25mgが処方されており、EDがそれほど重症でなければ25mgでも問題はないでしょう。

薬は大量に服用すると副作用を増幅させてしまいますが、少なくする分には問題ないのです。普段から50mgを服用している方が100mgに変えるのはいけませんが、25mgに減らすのは安全と言えます。50mgから25mgにすることで効果は弱くなりますが、逆に副作用も弱くなるのです。EDは生活改善をすることで解消していきますから、症状の軽減に伴って用量を減らしていくのはありでしょう。ただ医療機関で25mgの処方を受ける場合の料金は、50mgと比べてあまり変わりません。用量が半分になるから、薬代も半額になるかと言えばそうではありません。それならば50mgの処方を受けて、ピルカッターで2分割にして飲んだほうが経済的でしょう。個人輸入のバイアグラを購入する方は、分割して服用される方が多いです。海外では100mgも販売されていますから、100mgを4分割すれば4回分として使用できるのです。段階的に用量を減らしつつ、最終的に薬を飲まなくても勃起できる状態にするのがベストでしょう。生活改善をしっかりと行って血流促進をしていけば、3~6ヶ月でED体質を克服することも可能です。